Editor's Post

外国人雇用について [メリットと注意点]

外国人雇用について [メリットと注意点]

日本では少子高齢化が年々進み、若い優秀人材を確保するのが難しくなってきています。このような状況下で、外国人労働者を雇う企業は増えてきています。

特に、外国人労働者の需要は「インバウンド需要」「エンジニア需要」に集中しています。

近年では日本に訪れる外国人観光客のインバウンド需要が急増しているため、そういった外国人観光客に対応する為の外国人を採用する企業が増えてきています。また、ITテクノロジーの発展によりエンジニア需要が上がっているため、国内でのエンジニア採用に苦戦している企業が外国人エンジニアを採用するケースが増えています。

外国人労働者の雇用には多くのメリットがある中、注意するべき点もあるので事前に知識をつけておきましょう。


目次

1. 外国人雇用のメリット

  • 人手不足解消
  • 海外進出や新市場開拓
  • 社内に刺激を与える
  • 新しいアイディアの創出

2.外国人雇用の注意点

  • 文化や習慣の違いへの理解
  • 就労ビザの有無
  • 在留資格にあった業務内容
  • 差別的待遇の禁止


外国人雇用のメリット


1.人手不足解消

外国人労働者を受け入れることの一番のメリットは、人手不足の解消と労働力の確保でしょう。少子高齢化が進む中、日本人だけでなく外国人材を採用の対象に加えることで、求職者の母数が広がり、採用に苦戦していた職種でも、望む人材に出会える可能性が高まります。


2.海外進出や新市場開拓

海外展開を目指している企業にとって、外国人労働者はとても大きな武器になります。

外国人労働者の中には母国語に加え、英語や日本語なども話せる「マルチリンガル人材」もいるでしょう。

その人たちの言語力を生かすことで海外のお客様のコミュニケーションが円滑になり、外国人労働者が海外との懸け橋となることにより、海外進出や新規ビジネスの機会創出にもつながるチャンスがあります。


3.社内に刺激を与える

文化や宗教、母国語が違う人と一緒に働くことは決して簡単なことではありません。コミュニケーションが円滑に回るようにいつも以上に詳細な説明をしたり、より伝わる表現を意識したりすることが求められます。日常の業務でそうしたことを意識することで、自然と従業員のコミュニケーションスキルも向上します。

また、外国人労働者には働くことにとても積極的な人が多いため、社内にいい刺激を与えてくれるでしょう。


4.新しいアイディアの創出

外国人労働者を受け入れることで、人種や文化、宗教、言語など多様な価値観や視点を社内に取り入れることができます。また、日本人とは異なる文化や環境の中で育っているため、日本人では気付かなかった問題点を発見するなど、斬新なアイデアを創出することができるかもしれません。

 


外国人雇用の注意点

外国人を雇うことに多くのメリットがありますが、注意点もあるので事前に確認してきましょう。


1.文化や習慣の違いへの理解

国外で生まれ育った人たちは文化や習慣が当然違います。他国との文化や習慣の違いを無視したり、迷惑がるのではなく文化の違いを正しく理解し、自分の価値観を押しつけず柔軟に、そして相手を尊重して対応する必要があるでしょう。日本のあたりまえは外国人にとってあたりまえではないことを理解し、接しましょう。


2.就労ビザの有無

外国人が日本で働くためには就労ビザが必要です。しかし、職種、業種によっては、就労ビザを取得できない可能性があるため、事前に調査しておく必要があります。

就労ビザを取得していない人を採用してしまった場合違法行為になり、罰則に値するので採用する前にビザの有無や種類を確認しましょう。


3.在留資格にあった業務内容

就労可能な在留資格を持っていたとしても、どんな職種でも働けるわけではありません。外国人が働く予定の職種・仕事内容によって、取得できる在留資格が異なるため、持っている在留資格の種類に見合わない仕事に従事させた場合、不法就労と判断される恐れもあります。せっかく採用したのに、予定していた仕事内容では働ける在留資格を取得できなかった、ということがないように、自社の採用にあてはまる在留資格を確認しておきましょう。


4.差別的待遇の禁止

採用過程で、「〇〇人歓迎」といった、国籍や人種に基づく選考は差別的になります。このような表記ではなく求人票には、かならず「英語がネイティブレベルな方大歓迎」など募集している仕事内容に沿ったスキルや求める経験などをもとに記載しましょう。

また、当たり前ですが、国籍や人種によって労働時間や給与水準を帰ることは禁じられています。同じ職業内容であれば、日本人と同様の条件で雇用する必要があります。

__________________________________________

As Japan’s birth rate declines and the population ages year by year, it is becoming more and more difficult to secure young talented people for employment. Under these circumstances, more and more companies are hiring foreign workers.

In particular, the demand for foreign workers is concentrated in “inbound” and “engineering” demand. In recent years, there has been a rapid increase in inbound demand from foreign tourists visiting Japan, so more and more companies are hiring foreigners to deal with such foreign tourists. In addition, as the demand for engineers is rising due to the development of IT technology, companies that are struggling to hire engineers in Japan are hiring foreign engineers.

While there are many advantages to hiring foreign workers, there are some things to be aware of, so it is important to be knowledgeable about them beforehand.


Table of Contents

1. Advantages of Hiring Foreigners

  • Reduction of labor shortage
  • Overseas expansion and new market development
  • Stimulation of the company
  • New ideas and perspectives

2. Points to keep in mind when hiring foreigners

  • Understanding the differences in culture and customs
  • Availability of working visa
  • Work content that matches their VISA
  • Prohibition of discriminatory treatment


Advantages of Hiring Foreigners


1. Solution to labor shortage

The most important benefit of accepting foreign workers is solving the labor shortage and securing the labor force. As the birth rate declines and the population ages in Japan, adding foreign workers to the hiring pool will broaden the pool of job seekers and increase the likelihood of finding the people to hire for positions companies have struggled with.


2. Overseas expansion and new market development

Foreign workers can be a great asset for companies that are looking to expand their company overseas.

Some foreign workers may be multilingual and speak English or Japanese in addition to their native language.

By making use of their language skills, communication with overseas customers will become smoother, and foreign workers can serve as a bridge to the rest of the world, providing opportunities to expand overseas and create new business opportunities.


3. Stimulating the company

Working with people of different cultures, religions, and native languages is never an easy task. To ensure that communication runs smoothly, it is necessary to provide more detailed explanations than usual and be more conscious of how you express yourself. By being aware of these things in their daily work, employees will naturally improve their communication skills.

Also, many foreign workers are very proactive in their work, which can be a good stimulation for the company.


4. Generating new ideas

By accepting foreign workers, you can introduce diverse values and viewpoints into your company. In addition, since foreign workers have grown up in a culture and environment different from that of Japanese people, they may be able to discover problems that Japanese people looked over. 


Precautions on Hiring Foreigners

There are many advantages to hiring foreigners, but there are also some precautions that you should go over beforehand.


1. Understanding  of culture and customs

People who are born and raised outside of Japan naturally have different cultures and customs as Japanese people.

 Instead of ignoring or being annoyed by the differences in their culture and customs, it is necessary to understand the cultural differences correctly, be flexible without forcing your own values, and respect the other person. 

Keep in mind that what is obvious in Japan may not be obvious for a foreigner.


2. Working visa status

In order for a foreigner to work in Japan, a working visa is required. However, depending on the type of job or industry, it may not be possible to obtain a working visa, so it is necessary to research beforehand.

If you hire someone who does not have a working visa, it will be illegal and you will be penalized, so make sure you know whether or not they have a visa and the type of visa in the early stage of the hiring process.


3. Position matching their qualifications

Even if they have a visa that qualifies them to work, it does not mean that they can work in any type of job. Since the status of residence that can be obtained differs depending on the type and content of work that the foreigner plans to do, if you have them engage in work that does not match the type of status of residence that they have, they may be regarded as working illegally. 

It is important to confirm their status of residence and make sure it applies to your company’s conditions so that you do not end up hiring someone that cannot work in the position you planned on.


4. Prohibition of discriminatory treatment

In the hiring process, screening based on nationality or race is discriminatory. Instead, job postings should always be made based on the skills and experience required for the job you are posting.

As a matter of course, it is forbidden to set working hours or salary levels based on nationality or race. If you are hiring for the same job, you need to hire under the same conditions as Japanese employees.


Enjin株式会社とは

Enjin株式会社では、日本にいる外国人留学生や海外にいる日本語学習者(Japalings)と優秀な外国人人材を獲得したいという企業のマッチングをしています。

◆外国人留学生への支援
・インターンシップ紹介
・アルバイト紹介
・就職紹介(新卒採用・中途採用)

◆海外大学に通う外国人大学生への支援
・特定活動インターンシップ、サマージョブ

◆海外の日本語学習者への支援
・日本への留学
・特定技能取得

母国語、日本語、英語などの多言習得はもちろんのこと、将来有望な若者が数多く登録しています。

弊社サービスへのご依頼やお問い合わせ、取材依頼は下記リンク先のフォームよりお問い合わせください。

Related Posts

PAGE TOP
jaJapanese