Editor's Post

モチベーショングラフ

モチベーショングラフ

皆さんモチベーショングラフってご存知ですか?このグラフは、自分自身で自分がこれまでやってきたことや印象に残っていること、うれしかったこと、悲しかったこと、頑張れたこと、つまらなかったことなど、いろんな出来事やエピソードをたくさん思い出しながら書き出し、自分のパフォーマンスを最大限発揮出来る条件などを把握する方法です。

振り返り方は人それぞれでよく、年代順に何があったか、「自分史」のように書き出す人もいれば、喜怒哀楽などの感情で印象に残っていることを出していく下記のような「モチベーショングラフ」を作る人もいます。モチベーショングラフの作り方のポイントは、今までの事実や出来事をたくさん思い出し、まずは書き出す。その時、「これは面接で役立つエピソードかどうか」などは考えないことが大事です。日常の些細なことを、丁寧に思い出していくように心がけましょう。そして、出来事がたくさん並んだら、なぜそれらをやったのか、どうして印象に残っているのかなど、「なぜ?」を考えてみましょう。当時は、ただ「楽しそうだったから」くらいの理由だと思っても、なぜ楽しいと思ったのか、何があると楽しいのかなど、言葉にしてみてください。そうすると、出来事や事実はさまざまでも、自分なりのこだわりや価値観、強みや得意・不得意などの共通点が見えてくるはずです。

このようにして出てきた「自分」をこのようなグラフで表してみると、一目で「自分はどんな時に楽しいと感じてきたのか」「何をしている時が辛かったのか」など、あなたが人生の中で大切にしていることが具体化されてくるでしょう。

Related Posts

PAGE TOP
jaJapanese