Editor's Post

日本就職のメリット

日本就職のメリット

①健康保険で医療費をカバーできる

外国人労働者であっても、給与額によって定められた保険料を支払い、日本人社員と同様に健康保険に加入することができます。

保険があることで、高額の医療費を心配しないで診察や治療を受けることができるのは、大きなメリットとして受け止められています。

②通勤手当が支給される

外国では従業員に対して通勤手当を支払わない会社の方が一般的です。

それに対して日本では、正規ばかりでなく、パートタイム労働者に対しても、会社側が交通費を負担することがほとんどです。

この通勤手当に対して、多くの外国人労働者がメリットだと感じています。

③雇用が安定している

正社員の場合にのみ当てはまることですが、一般的に日本では、従業員側に明らかな違反行為などがない限りは、会社側が従業員を解雇することはほとんどありません。

正規社員である外国人労働者の多くは、日本の会社で安定して働けることに満足感を抱いています。

④トップクラスの顧客サービスを習得することができる

日本の顧客サービスが、世界でもトップクラスであることは、広く知られています。

日本に定住して働く外国人の多くが、帰国した時に、母国の顧客サービスの悪さにショックを受けると言っています。

安い買物しかしない顧客に対しても、高額の契約を取り交わした顧客に対しても、同様の丁寧なサービスと顧客ケアを行う日本のサービスは、類を見ないものです。

⑤OJTを熱心に行ってくれる

外国人労働者の多くは、

OJT(On-Job-Training:社員育成のための職業訓練) 

が非常に熱心に行われていると感じています。

⑥一生懸命頑張れば、評価してくれる

外国人労働者の目から見ても、日本人は非常に勤勉です。

そしてまた、同じように勤勉に働くことを自分たちにも求めている、と感じています。

Related Posts

PAGE TOP
jaJapanese