Editor's Post

【学生感想文】日本でのインターンシップを経験して(中国人インターンシップ生)

【学生感想文】日本でのインターンシップを経験して(中国人インターンシップ生)

日本でのインターンシップが3月の末で終了した中国人大学生に、インターンシップを経験しての感想文の提出をしていただいたので、この投稿では一部ご紹介していきたいと思います。

実習後は、長野県の善光寺や東京都の秋葉原を少し観光してからの帰国になりました。

 

以下に投稿した文章は、インターンシップ生が提出した感想文を「原文のまま」掲載をしています。

インターンシップをして身についたと感じること

まず、礼儀。日本の文化においても、普段の同僚たちが日常生活で表現しているものにおいても、他人に対する尊敬を感じることができます。
二つ、頑張って!勤勉は中華民族の美徳だけではなく、大和民族も同じです。
三つ、約束を守る。約束の時間を守ることも勉強の一つです。
四つ、必ず分からないなら、聞いてください。わからないなら、知ったかぶりをしないでください。恥ずかしがらないでください。日本語を勉強している学生として、直接日本人と交流するのが一番いい勉強です。
働いた後は自分でお金を積もるできることです。何かしたいなら、何か買いたいなら自分でもできるって、いい感じがします。そして、仕事中できるだけ自分でやることは大切ですね。今なら自分で日本に行ってやりたい仕事を探して、自分でもできます。
 このインターンシップをきっかけに、自分はいろいろなことが勉強し、能力が上がるようになってきたのである。この二ヶ月くらいの時間を過ごし、日本の生活はもう慣れていた。最初仕事を始めるとき、規則の覚えはしなければならなく、たくさんのことをするのは必要がある。自分はこの仕事に関する基本的な状況を了解し、この事項はどうすればいいのかをわかって後で、だんだん自分の状態が良くなってきたと私は思う。実際の日本人の生活を感じられ、日本の文化がもっと深く了解できる。もちろん、日本にいるので、日本人と話しかけられ、自分の日本語の能力は上がっていくようになっていた。勤務の内容はある場合が難しく、しっかりとして本当に良かった。

日本で経験したことで印象に残っていること

どんなことでも初めては印象的だったと思います。 まず、初めて日本に行くこと自体が忘れられないことです。
その後は東京に行ってにぎやかな都市、複雑で混んでいる地下鉄、美味しい牛丼、異国の美しい風景を見ました。
最後は日本の同僚の情熱、仕事、飲み会、スキーなどです。
 仕事はスキー場で働くので、自分はスキーをする機会があるのである。したがって、初めてスキーをし、いい思い出になっていたのである。スキーに関することは以前全然したことがないので、自分にとっては少し難しいと私は思う。ただし、せっかくスキー場にいるのに、スキーをしないのは将来が後悔するいかもしれないので、この思いを持ち、スキーをし始めるのからである。休みのとき、時間があるので、スキー場以外のところへ行ける。それにもかかわらず、交通がすごく便利ではないので、周りのところへしか行かなかった。インターンシップして間に、一番遠いところへ行ったのは長野県の少し北の糸魚川というところなのである。日本海が見え、気持ちよかったのである。ちなみに、一緒に仕事をする日本の方に遊びに連れられ、本社の三つのスキー場に行ったことがあり、ご馳走をしてくださって本当に良かったと私は思う。

日本でのインターンシップに参加してよかったですか?

 このインターンシップに参加でき、本当に良かったと私は思う。日本にいた時、自分はたくさん日本人と話しかけ、日本語の語学能力はなかり上がって行ってなったのである。以前は話さないことがいっぱいあるが、今も次第に話せるようになったのである。この仕事はいろいろな挑戦があるので、処理の能力が増えてき、いい経験になるチャンスもあるのである。日本の美しい風景と雪が見え、文化も感じられ、参加してよかったのである。
インターンシップにきてよかったです。インターンシップのおかげで中国に来たの同士を会いました。インターンシップのおかげゴンドラリフトの皆さんは友達になりました。インターンシップのおかげ雪景色こんなに綺麗な景色を見った、スキーもやりました。インターンシップのおかげ自分のは見聞を広めってしました。そしていい日本語をいっぱい勉強しました。インターンシップにきてよかったです。
 はい、嬉しくて随分勉強になりました。日本の会社礼儀、仕事順番、接客態度などの事を身に着けたり、仕事をしながら世界中の人々と接触して視野を広げたり、日本人の話し方、仕事やり方、特に生活仕方を深く印象を受けたりしたのです。また機会が有れば、インターシップに二度と行って欲しいんです。

自由に感想を書いて下さい

 日本でのインターンシップに参加していただき、無事に終わり、誠にありがとうございます。日本での二ヶ月くらいの生活の時間はもういい経験になっている。いろいろなことは勉強し、自分の身で日本を感じられ、今後の日本語の勉強はさらにうまくいくのかもしれない。自分はもっと日本に関する知識を学び、口語のレベルはもう一つに上げ、まだ日本へ行く準備をしておきたいと私は思う。
 日本は優しくて安らか国ですが、同様、強い孤独を感じられる国だと思います。皆は一日中仕事を一生懸命やっているけど、他の人に話し合う機会も、場所も、気分も希少だそうだと思います。それに、他人に迷惑をかけては行けないとずっと日本人は覚えていますね。毎日人と人が会ったら、おはよう、お疲れ様などの挨拶を言い出すのですが、只其れだけです。
日本は短時間住み人に良い国です。短時間で自分の心を綺麗にすることができますが、長時間では言いづらい孤独を全身に届けます。こちらの雪は人に最も真実な大自然に感じさせるのですが、狂く成る可能性が有ると思います。
中日平和を永久に祈っています。東日本大震災の時、日本に手を出していっぱい助けました。新型コロナウイルス爆発の時、中国に沢山の防護服、マスク、護目眼鏡などのを送って行きました。山川异域 风月同天。中国と日本も負けるな!

インターンシップ生たちが書いた感想文の一部をご紹介しました。

日本でのインターンシップでは、大学の授業だけでは学べないようなことをたくさん学ぶことができます。

・日本人やその他外国人との交流

・日本の文化 ・四季の移り変わり

・将来の「働く」ということがどのようなことなのか

・大学生同士ではなく大人との接し方

などなど

外国から日本に来て頑張っている学生たちを弊社ではこれからも応援していきます。

 

Related Posts

PAGE TOP
jaJapanese