Editor's Post

[後編] 選考過程にある適性検査とは

[後編] 選考過程にある適性検査とは

前編に引き続き後編も採用の選考過程にある「適性検査」について解説していきます。

後編は前編で解説した点を踏まえて適性検査のテスト形式、人気適性検査種類、適性検査対策方法などについて解説していきます。

前編をご覧になられていない方→ https://company.enjin.world/job-hunting/job-hunting-aptitudetest-1/

Scroll down for English translation.



目次

1. 適性検査のテスト形式

2. 適性検査の種類

3. 適性検査対策方法



適性検査のテスト形式

ひと昔まではテスト形式はマークシート形式のみで、会場に直接足を運び適性検査を受験していました。受験後、回答用紙を回収し、機械で用紙を読み込み情報を分析してきました。

ですが、現在は様々な受験形式があります。新たな受験形式なども理解し、応募する企業がどの形式で適性検査を実施するか確認しましょう。

形式は4つあります。筆記試験(マークシート受検)、テストセンター(パソコン受検)、インアウス(パソコン受検)、WEBテスト(パソコン受検)について解説していきます。


1. 筆記試験(マークシート受検)

マークシート受検では、該当する箇所を丸く塗りつぶして回答します。適正検査提供会社が問題と解答用紙を提供している場合が多いです。採点は二つの方法に分かれ、人事部もしくは提供会社により実施されます。


2. テストセンター(パソコン受検)

適正検査提供会社が全国各地に会場を用意し、そこで適性検査を実施します。受験者は会場に出向き、会場内にあるパソコンで受検します。


3. インハウス(パソコン受検)

パソコン受験のなかでも企業側で受験ルームやパソコンを用意し、そこで適正検査を行うものをインハウスといいます。


4. WEBテスト(パソコン受検)

適性検査を自宅のパソコンで行う形式です。この形式は企業側と受験者側双方にメリットがあるため近年利用する企業が増えています。受験者は直接会場に足を運ぶ必要がないため、居住地や時間を問わずテストを受検できます。企業側にもコストや時間を削減できるというメリットがあります。



人気適性検査の種類

適性検査は25種類以上ある中、今回は多くの企業が採用している人気な数種類を紹介し、特徴を解説していきます。

今回取り上げる種類は

  • SPI3
  • 玉手箱
  • GAB
  • CAB
  • TG-WEB

の5種類です。


SPI3

適性検査と言えばSPIと言えるほど、SPI3は最もメジャーな適性検査です。

テスト科目は性格検査(約30分)と基礎能力検査【言語/非言語】(約35分)の二つに英語検査(約20分)と構造的把握能力検査(約20分)が追加されることもあります。


玉手箱

玉手箱は自宅受検型のWebテストで使われることが多く、SPIに次いで有名な適性検査です。

玉手箱の特徴として、1問あたりにかけられる時間が短いということ、また同じ問題形式において1種類の問題のみが出続けるということの2点が挙げられます。

また玉手箱は日本エス・エイチ・エルという会社が作成しています。このエス・エイチ・エル社は他にもGABやCABなどの試験も作成しており、玉手箱のテストではGAB・CABの問題と同じ形式の問題も出題されます。そのため玉手箱の対策をしておくことでGAB・CABの対策もできます。

テスト科目として言語【論理的読解:15分/趣旨判定:10分/趣旨把握:12分】、計数【四則逆算:9分/図表読解:15分/表推測:20分】、英語【論理的読解:10分/長文読解:10分】、パーソナリティーがあります。


GAB

GABは玉手箱と同じ日本エス・エイチ・エル社が提供する能力適性テストです。玉手箱が一般的な基礎能力や性格を判断するものであるのに対し、GABは新卒総合職向けのものとなっています。

GABは受験方式により名前が変わり、筆記試験(マークシート式)はGABWEBテストはWebGABテストセンターで受検するものはC -GABと呼ばれています。

テストは言語計数英語パーソナリティーに分かれており、受検方式によって科目が変わってきます。

【GAB】:言語(25分)/計数(35分)/パーソナリティ(約30分)

【WebGAB】:言語(25分)/計数(35分)/パーソナリティ

【C-GAB】:言語(15分)/計数(15分)/英語(10分)/パーソナリティ(20分)


CAB

CABはSE、プログラマー等のコンピューター職の採用テストです。そのため、基本的にはIT系企業でSE、プログラマー等を採用している企業で利用されています。

テスト科目は能力【四則逆算:9分/法則性:12分/命令表:15分/暗号:16分】と性格(20分)の二つに分かれています。


TG-WEB

近年、有名企業等で実施される事が多いテストです。難易度が非常に高く、他の適性検査では出されないような問題が多く出題されます。対策が必須のテストといえるため、志望業界、志望企業で出される場合は十分に準備をした上で受検しましょう。

問題形式に関しては「従来型」「新型」の2パターンがあり、それぞれで難易度や出題される問題分野に違いがあるため注意が必要です。

テスト科目は新型と従来型共に言語(従:12分/新:7分)、計数(従:18分/新:8分)、英語(15分)、性格があります。新型と従来型ではテストの科目ごとの時間が異なるので事前に確認しておきましょう。



適性検査対策方法

今回は対策方法として3つ紹介します。自分に合った方法で対策を進めていきましょう!


①参考書

適性検査の種類ごとに参考書が多く出版されています。

自分が受ける企業のWebテストの種類が分かっている場合はそれに対応したものを、分からない場合はSPIや玉手箱といった定番の形式を解説している参考書を購入することをオススメします。

どの書店でも基本的に販売されているので、参考書の中身を見て自分に合うと思うものを購入しましょう。


②対策アプリ

最近では、アプリでもWEBテストの対策ができるようになっています。参考書が手元にない際の隙間時間などを活用して試してみてください。


③他社の適性検査を受ける

選考を受ける企業の適性検査種類がわかっている場合は、同じ種類を導入している他企業の適性検査を受けてみるひとつの練習手段です。

同じ種類の適性検査であれば同じまたは似たような質問が出題されることがあります。また何度かテストを受験することで問題の傾向を掴むことができたり、前にも見たことがあるような問題が出題される可能性もあります。

適性検査に慣れるために、他社のテストを受検するのは練習になり良いでしょう。



最後に

本記事では、Webテストの種類や対策方法について詳しく解説しました。

ここにある種類全ての対策を行う必要はありませんが、自分が選考を受ける企業はどのテストを利用しているかなど、本記事を参考に理解して対策に役立てていただければと思います。


Continuing from the first part, the second part of this series will discuss the aptitude tests that are part of the hiring selection process in Japan.

In this part, the format of the aptitude tests, popular types of aptitude tests, and how to prepare are explained in detail.

If you haven’t seen the first part of this article: https://company.enjin.world/job-hunting/job-hunting-aptitudetest-1/



Table of Contents

1. Test format

2. Popular types

3. Preparation 


Test format

Until some time ago, testing using the mark-sheet format was the only format used, where you had to go directly to the venue to take the aptitude test. After taking the test, the answer sheet was collected, and a machine would read and analyze the information.

However, nowadays, there are a variety of test formats. It is important to understand the new formats and check which format the company you are applying to will use for the aptitude test.

There are four formats. The following is an explanation of the written test (mark sheet), test center (computer-based test), in-house (computer-based test), and web test (computer-based test).


1. Written Test (Mark sheet)

With the mark sheet, you answer questions by filling in the correct bubble. In most cases, the company providing the aptitude test provides the questions and answer sheets. Scoring is done in two ways, either by the Human Resources Department or the company providing the test.


2. Test center (PC-based test)

The company providing the aptitude test prepares venues around the country and conducts the aptitude test there. The test takers go to the venue and take the test using a provided computer at the venue.


3. In-house (PC-based)

In-house testing is a type of computer-based testing in which the company prepares a test room and computers and conducts the aptitude test there.


4. Web-based test (PC-based test)

This is a form of aptitude test conducted on a computer at home. This format has advantages for both the company and the test taker, and more and more companies have been adopted in recent years. Since the test taker does not need to go to the test site in person, the test taker can take the test regardless of where they live and have relative freedom to when they choose to take the test. This also has the advantage of reducing costs and time for the company.



Popular Types of Aptitude Tests

There are more than 25 types of aptitude tests, but in this article, we will introduce a few popular types that many companies have adopted and explain their characteristics.

The following five types of tests will be introduced in this article.

  • SPI3
  • Tamatebako
  • GAB
  • CAB
  • TG-WEB

SPI3

SPI3 represents aptitude tests as the most popular aptitude test in Japan.

The test subjects are a personality test (about 30 minutes) and a basic ability test (verbal/nonverbal) (about 35 minutes), and sometimes an English test (about 20 minutes) and a structural comprehension test (about 20 minutes) are added.


Tamatebako

Tamatebako is often used as a home web-based test, and is the second most famous aptitude test after SPI.

Tamatebako is characterized by two things: the short amount of time provided for each question, and the fact that only one type of question continues to be asked in the same format throughout the whole test.

Tamatebako is produced by a company called S.H.L. This company also produces other tests such as the GAB and CAB format, and the Tamatebako test contains questions in the similar format as the GAB and CAB tests. Therefore, by preparing for the Tamatebako, you can also prepare for the GAB and CAB format tests.

The test subjects include language (logical reading: 15 minutes / judgment of purpose of reading: 10 minutes / understanding of purpose of reading: 12 minutes), mathematics (inverse calculation: 9 minutes / chart reading: 15 minutes/ table guessing : 20 minutes), English (logical reading: 10 minutes / long reading: 10 minutes), and personality.


GAB

The GAB is an aptitude test provided by S.H.L., the same company as the Tamatebako. While the Tamatebako is designed to determine general basic abilities and personality, the GAB is designed specifically to measure newly graduated career-track employees.

The name of the GAB changes depending on the method of taking the test: the written test (mark-sheet type) is called GAB, the web test is called Web GAB, and the test taken at a test center is called C-GAB.

The test is divided into Language, Mathematics, English, and Personality, and the subjects vary depending on the test type.

【GAB】: Language (25 minutes) / Mathematics (35 minutes) / Personality (about 30 minutes)

【Web GAB】: Language (25 minutes) / Mathematics (35 minutes) / Personality

【C-GAB】: Language (15 minutes) / Mathematics (15 minutes) / English (10 minutes) / Personality (20 minutes)


CAB

The CAB is a recruitment test for computer positions such as SE, programmer, etc. Therefore, it is basically used by IT companies that hire SEs, programmers, etc.

The test subjects are divided into two categories: Ability 【Four Rules Inversion: 9 minutes / Lawfulness: 12 minutes / Table of Instructions: 15 minutes / Cryptography: 16 minutes】 and Personality (20 minutes).


TG-WEB

In recent years, this test has been implemented by many famous companies. The difficulty level of the test is extremely high, and this test asks many questions that other test forms do not. It is a test that requires preparation, so if it is given by the industry or company you want to apply to, you should prepare well before taking it.

There are two types of question formats, the conventional format and the new format, and each has its own difficulty level and question range.

The test subjects for both the new model and the traditional model are language (old model: 12 mins. / new model: 7 mins.), mathematics (old model: 18 minutes / new model: 8 mins.), English (15 minutes), and personality

The time for each test subject differs between the new and conventional models, so make sure to check beforehand.



Preparation

Next, we will introduce three ways to prepare for the aptitude test. Take the method that suits you best!


① Reference books

There are many reference books published every year for each type of aptitude test.

If you know the type of web test you are going to take, we recommend you to buy a reference book corresponding to it.

Most bookstores sell them, so take a look at the contents of the reference book and buy the one that you think will suit you best.


② Apps

Recently, apps are also available to help you prepare for web tests. Try it out in your spare time when you don’t have a reference book on hand.


③ Take the aptitude tests of other companies

If you know the type of aptitude test of the company you are applying for, one way to practice is to take an aptitude test of another company that uses the same type.

If it is the same type of aptitude test, you may be asked the same or similar questions. Also, by taking the test several times, you can get a feel for the format of the questions.

In order to get used to aptitude tests, it is a good idea to take tests from other companies as practice!



Lastly

In this article, we have explained in detail the different types of web tests and how to prepare for them.

It is not necessary to prepare for all of the types listed here, but we hope that this article will help you understand the tests that are used by the companies you are screening for and help you prepare for them.



Enjin株式会社とは

Enjin株式会社では、日本にいる外国人留学生や海外にいる日本語学習者(Japalings)と優秀な外国人人材を獲得したいという企業のマッチングをしています。

◆外国人留学生への支援
・インターンシップ紹介
・アルバイト紹介
・就職紹介(新卒採用・中途採用)

◆海外大学に通う外国人大学生への支援
・特定活動インターンシップ、サマージョブ

◆海外の日本語学習者への支援
・日本への留学
・特定技能取得

母国語、日本語、英語などの多言習得はもちろんのこと、将来有望な若者が数多く登録しています。

弊社サービスへのご依頼やお問い合わせ、取材依頼は下記リンク先のフォームよりお問い合わせください。

Related Posts

PAGE TOP
jaJapanese